東京古書組合

第5回 「本にまつわる俳句大会」 概要
選者
池田澄子(「船団」「豈」「面」)、伊藤伊那男(「銀漢」主宰)、遠藤若狭男(「若狭」主宰)、齋藤愼爾(俳人・評論家)、水内慶太(「月の匣」主宰)、宮坂静生(「岳」主宰) 敬称略・50音順
主催
東京都古書籍商業協同組合
後援
本阿弥書店
応募要項
作品
古書に限らず、新刊書、読書、図書館、書店、古書店など、本に関係したものならばなんでも結構です。季語のない句も可。未発表の作品に限ります。事前投句のみ。
投句締切
平成30年8月6日(月)当日消印有効
応募料
3句1組につき1000円。現金書留又は定額小為替を同封の事
応募方法
所定の応募用紙又は原稿用紙にて郵送
俳句応募用紙のダウンロード [PDF:250KB]
原稿用紙に ①お名前(ふりがな) ②俳号(無記入の際はお名前を掲載させていただきます)。③ご住所 ④お電話番号 ⑤俳句(3句)を記載して下さい。
応募先
〒101-0052 千代田区神田小川町3-22 東京古書会館
「本にまつわる俳句大会」係
入選者発表
入選作品は9月下旬に東京古書組合ホームページ、BookTownじんぼうにて発表されます。
大賞、東京古書組合賞、本阿弥書店賞の三賞は10月上旬発行の「神保町公式ガイド」に掲載されます。
◆特選 各1名(選者の自筆色紙又は短冊を進呈)
◆入選・佳作 各5名(俳句手帖と公式ガイドを進呈)

※応募必要事項に記入漏れがありますと無効となる場合がございます。
※応募いただいた情報は当該の目的以外には使用致しません。

 

関連記事