文京の古本屋

買取案内

文の京(ふみのみやこ)に、学術書とこだわりの古書屋。

トップページ « 買取案内 / 古書買取について

古書買取について

長年に亘って収集された愛着のある書物を手放そうと考えた時、どの書店にお願いするか困ったことはありませんか?書籍の買取につきましては、各書店とお客様の「相対取引」になります。

そのためなるべく商品知識の豊富な信頼のおける古書店にお願いしたいと思われる方がほとんどです。私共文京支部の書店には、学術書、専門書からサブカルチャーまで幅広い分野の専門店があり、本の査定買取をしています。

査定評価はマニュアルに沿ったものではなく、古書業界での長年の経験と知識を持った店主、社員が行います。

本の持込、出張買取、配送手配などもお気軽にご相談ください。

私たちの特色

プロの集まる古書市場での取引価格を把握

神田神保町にある東京古書会館では、古書組合員のみが参加を許されるプロの古書市場が明治時代から行われており、全国から古書とそれを仕入れる古書業者が集まり、大量の古書、古本が取引されております。

東京古書会館前景写真

東京古書会館

古書市場写真

古書市場の様子

古書市場写真

古書市場の様子

プロの古書市場は入札方式で取引され、最も高い金額を入札した古書店へ落札されます。他の古書店の入札金額は分らない為、頼れるものは自らの知識と経験のみ。

大量の古書の中から短時間で価値を見極め、入札を行える正確な鑑定眼と相場観がプロの古書店主には要求されます。

古書市場写真

入札を行う古書店主達

撮影協力 東京資料会(「東京資料会」は文京支部が運営していた「赤門会」の流れをくむ古書市会です。)

豊富な経験と商品知識による誠実な査定評価

買取の際の査定評価はマニュアルに沿ったものではなく、古書業界での長年の経験と知識を持った店主、社員が行います。

査定風景写真

支部員による査定風景

査定風景写真

支部員による査定風景

査定風景写真

支部員による査定風景

査定風景写真

支部員による査定風景

戦前から古書目録(カタログ)を全国に発行

東京古書組合文京支部では戦前から、多数の店舗が古書目録(カタログ)を発行し専門店として全国のお客様にお取引を頂いております。

古書目録(カタログ)写真

支部員発行の古書目録(カタログ)の一部

「雁金屋」の目録写真

現存する国内の古書目録の中で最古の、文京区で江戸期から営業を行っていた古書店「雁金屋」の明治23年発行の目録写真。日本における最初の古書の通信販売と言われていわれております。(『紙魚の昔語り 明治大正篇』・反町茂雄著 掲載 現 千代田図書館蔵)

全国大学、主要図書館、博物館等様々な文化財を取り扱う機関様とお取引

大学、美術館、博物館などの公共機関さまからも多くのお取引を売買共に頂いております。

安田講堂写真

東京大学

ホームカミングデイ写真

東京大学合同同窓会東大ホームカミングデイ参加の様子

古物営業法におけるご留意点

文京区の古書店は、東京都公安委員会より営業許可を受け、古物営業法に基づいた売買を行っております。古物営業法の趣旨は、防犯であり、我々には、そのための様々な義務が課されております。その中でも重要な義務が「取引相手の確認義務」、「不正品の申告義務」、「帳簿等への記録義務」でございます。

古書の買取の際、お客様には、大変失礼ながらご身分を確認する場合がございます。その趣旨をご理解いただきご協力のほどをお願いいたします。確認が必要な場合は、以下の通りです。

1回の買取価格が、1万円以上の場合。(店舗へのお持込・出張買取)
1回の買取価格が、1万円以上の場合、身分確認、帳簿記載が義務付けられております。その際、運転免許書・健康保険証等の身分証明書のご提示を願います。お持込の際には、身分証をご持参いただきますようお願いいたします。
非対面での買取の場合。(インターネット、宅急便等利用した買取)
遠方より宅急便など利用した古書買取の際には、古物営業法に基づいた方法にて身分確認を行っております。確認方法は、各店で異なっておりますので、直接ご依頼の古書店にご確認いただきますようお願いいたします。
【参考】非対面取引における古物商の確認措置について(警視庁)

◎ 尚、18歳未満の方からの買取は、『東京都青少年の健全な育成に関する条例』により原則禁止されております。

ページトップへ